『ブラックベリー / 初音ミク』を作った感想

日記・雑記

今日公開した新曲です。「初音ミク生誕祭2022」に向けて完成させました。ぜひお聴きください!


あと今回も感想文を書いてみたので、よかったら読んでいってください。

感想文


以前公開した『フルール / 初音ミク』という楽曲があるのですが、予想以上にリスナーの人々が好感触を示してくれたので、今回は思い切って『フルール』を作ったヒトが次に作るであろう曲を想像して打ち込み始めました。

サウンドについて

上記の流れから、まず『フルール』の分析を始めました。
サウンド面で言えば「かなり遊んでいるな」って感じです。リズムもアレンジもコロコロ変えて、サビ前半では楽器を少なめに、あとオモチャみたいな音を事あるごとに鳴らしています。


今回の『ブラックベリー』では、そういう所をなぞって骨組みを作っていきました。


ピアノについては、いつもは天翔けるペガサスのようにフレーズを動かしまくるのが手癖です。ただ、最近はそういうのが食傷気味になっていたので、今回だけはベタ打ち感強めの単純なバッキングを意識しました。


メインのベースは「serum」というシンセサイザーを使いました。これは今年のマジカルミライ楽曲コンテストの賞金で買ったヤツです。周りのボカロPたちが持っていたので私も購入してみました。
今回は一緒に買い物カゴに入れてたプリセット集を使っただけなので、まだパラメータは何一つ理解できていません。
しかし実際に奏でてみた感触としては、割とシンプルで良い音が鳴ってくれて、アレンジ・ミックスがやりやすかったです。


それと最近はエレキギターの練習をサボっていたので、「この曲でギターを録音して、弾き方も思い出す」二兎を追いました。


サウンドを作りこんでいくうちに、とてもキラキラした楽しい世界が広がり始めたので、その光に手を引かれて私も楽しくなっていきました。

歌詞について

今回も先に登場人物や世界観の設定を決めてから物語を作るやり方で作詞しました。


これは『フルール』や『未完のストーリー』と同じで、「突き抜けた感情を持っているヒト」「突き抜けた世界観の中にいる」っていう設定を決めただけでめちゃくちゃ作詞しやすくなります。
この方法なら言葉の軸もブレにくいので、今後も活用していきたいです。


加賀少年は人間の想いが形骸化したものが”言葉”なのだとずっと思っていました。今は違います。寧ろ言葉から想いを導くことだって出来るって信じてみたいです。今回の作詞でなにか掴めそうでした。

ミクさんの調声について

ミクさんの調声は「サウンド&レコーディング・マガジン」という雑誌の特集から学んだことを実践してみました。

Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2022年9月号 (表紙&巻頭インタビュー:くじら)
Sound & Recording Magazine (サウンド アンド レコーディング マガジン) 2022年9月号 (表紙&巻頭インタビュー:くじら)


ネタバレになるので詳細は述べませんが、『ブラックベリー』では最後のラップパートを調声するときに特に参考にしましたこの技術をちゃんと身に付けるために今後も作り続けたいです。


あと今回はAメロの旋律がめっちゃ低いです。ただ、ミクさんは低い音程でも意外と魅力的に歌ってくれたので、ホッとしました。ありがとうミクさん!

イラスト、動画について

今回のイラストはつちのこ(Twitter)さんに描いていただきました。
つちのこさんは楽曲『電気パレードの舞踏会』でも動画イラストを担当していただいた方です。


今回も衣装や細かい配色等はお任せしました。個人的にミクさんの頭の装飾のブラックベリーが好きです。
とてもキラキラした表情や世界観で、楽曲のイメージにピッタリなイラストをいただいて嬉しい限りです。この場を借りて感謝申し上げます。


動画は今回も自分で制作しました。今まで私が制作してきた動画のプリセットをフル活用したので、ほとんど滞りなく作れました。
でもやっぱり、動画も自分で作らず、そろそろ得意なヒトに依頼してみたいです(毎回言ってる気がする)。

最後に

この曲を作った感想ですが、最高に楽しかったです。作っている時はずっと爆笑しながらmidiを打ち込んでいました。


この曲は「初音ミク生誕祭2022」に向けて完成させましたが、実は2ヶ月前には既にデモ音源を作っていました(FANBOXの支援者限定記事にて公開しています)。ただ、デモ制作まで進んだ時点で「フルで完成させるのは今じゃないな」って気持ちが何故か湧き上がり、プロジェクトファイルをしばらく寝かせていたのです。
そして最近になってようやく『ブラックベリー』を完成させることができました。


個人的には完成させるタイミングは今でちょうど良かったなって思います。みなさんもこの曲を気に入っていただけたら嬉しいです。


――――――
以上です。

今後ともよろしくお願いします。

関連リンク▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました