『かーにばるふぇすた!』を作った感想

日記・雑記
Carnival Festa!- ft. Hatsune Miku

今日投稿した曲です。是非聴いてください。それと感想文も書いたのでよかったら読んでいってください。

感想文

前作『ネギちゃんティーはいかが??』をリメイクしながら分析していたときに、過去の自分は分数コードをかなり多用していた、ということに気が付きました。もちろん今もまあまあ使うのだけれど、今回の作曲は意識的に取り入れてやるぜ!っていう気持ちが沸いたんで、そういう心を持ってDAWを開きました。

サウンドについて

最近、生音系のドラムを全くと言っていいほど使っていなかったので、今回は生音系のドラム音源を最初に立ち上げ、リズムを打ち込みました。

次はピアノを使って上記の通り、分数コードを意識的に組み込んでフレーズを弾き始めました。そしたらなんだか楽しくなってきて、ワンコーラス分の和音をまるまる一気に打ち込むことが出来ました。サビは私がこの世で一番愛するカノン進行にしましたが、「分数コードを意識的に使う」という今回のテーマに基づき、ベースが半音ずつ下がって繋がるようにひたすらリハモしまくりました。

和音を打ち込んだ時点で、「この曲はめっちゃ楽しい雰囲気と化すのだ!」っていう確信が溢れてやまず、そこで私はラッパをアクセント(あるいは主軸)として輝かせたい一心でラッパたちのアレンジを考えました。今回は特にラッパの奏法を余すことなく取り入れてみたのだれけど、意外とオケに溶け込んでくれたので、非常にラッキーだと思いました。

そしてベースも生音系の音源を使いました。シンセベースにしようとも思ったのだけれど、そんな変なところでこの曲を尖らせたくなかったので、安定を取りました。(ちょっと前の自分ならシンセベースを使ってもっとアレンジをぐちゃぐちゃにしてたと思う)

アレンジを進めるにつれ、左の空間だけやけに物足りなく感じたので、「カリンバ」という楽器で間を埋めました。余談ですが、この曲を完成させた後に、このカリンバという楽器について調べてみたら、「親指の爪で弾いて鳴らす楽器」らしく、この曲では物理的に不可能な素早いトリルを打ち込んでしまっていました。なのでもしカリンバファンの方がいるのならごめんなさいの言葉を送りたいです。今後は多少気を付けて打ち込みます。

あとサビの後半にだけエレキギターを入れました。彼も楽曲にちょうど良いアクセントを施してくれるので、いつもありがとうって思ってます。

歌詞について

「楽しい雰囲気を感じさせる歌詞にしよう!」という気持ちを起点に歌詞を考え始めて、「お祭りの世界観」というテーマを定めました。

しかし今回はサウンドが全体的に異国情緒あふれる雰囲気だったので、「日本のお祭り」というよりは「海外風のカーニバル、フェスティバル」のほうが合ってるかなって思い、そうしました。

あとこの曲はメロディがとてもリズミカルなので、ところどころ英語を散りばめてみました。その中でも特に浮いてるのは”versatile”という単語なのですが、これは私が英単語の学習をする中でビックリするほど覚えられなかった単語だったので「歌詞に入れてミクさんに歌わせて覚えたろ^^」っていう下心ひとつで歌詞に採用しました。私欲にかまけてすいません。でも歌詞としてこの単語を使ってみたら「意外と良いやんけ!」と私の内なる関西人も叫んでいました。だから良いかなって思います。ちなみに”versatile”の意味は「多才な、万能な、気まぐれな」です。ぜひ覚えて帰ってください。

ミクさんの調声について

前作『ネギちゃんティーはいかが??』を分析していて、「しゃくり上げの表現をピッチカーブで描いて再現していた」ということに気が付いて、これを技術的に身につけるため、今回はほぼ全てのノートにピッチカーブを描いて調声しました。本当はノートを分割する方法のほうがラクで速いのかもしれませんが、慣れてしまえば絶対にピッチカーブを描くほうが効率的だという自信があります。今後はこれを確信に変えていきます。

あと今回はBメロのコーラスの音程を「1オクターブ上」にしてみました。そしたらすげぇ独特な雰囲気になる効果が得られたので、収穫だなって思いました。

イラスト、動画について

イラストはいつものように過去に描いた三頭身ミクさんをトレースして描いて、今回はカーニバルに参加するヒトの服装を想像して描きました。しかしそろそろ頭の中がトレース畑と化してシナプスが爆散するかもしれないという危機感が湧いたので、次かその次くらいはトレースせずに新しく描きたいと感じました。

動画はこれもまたいつものようにオーバレイでめっちゃ図形と音声波形を重ねて作りました。背景は先日撮った桜の写真を置きました。別にこの曲は春の曲ではねぇのですが、雰囲気に合ってるから入れちゃえって感じでした。

最後に

この曲を作った感想ですが、とても面白かったです。今回は総合的に進歩できたなっていう自負ばかりです。アレンジやメロディ、歌詞だけでなく、ミクさんの調声も引き続き高めていきたいです。

あとこの曲は「一緒に作ろう!第4回楽曲コンテストプロセカNEXT」(リンクはこちら)に応募します。テーマは「ポップな曲」とあるので、この曲はめちゃくちゃ合っているんじゃないかなーって思います。もとより、ポップな曲を作るのは得意なので今後もたくさん量産して応募していきます。

以上です。書き忘れてましたがこの曲はイントロからアウトロまで全部お気に入りです!みなさんも気に入ってくれたなら幸いに思います。

関連リンク▼

コメント

タイトルとURLをコピーしました